38歳女性 肺がん(1A)になりました!(タバコもすったことないのに…)

38歳(小2・年少ママ)で肺癌(1a)になりました。2015年8月に開胸術で右肺下葉切除。非喫煙者なので、まさに青天の霹靂。 「死んでる場合ではない」「肺癌も早期なら怖くない!」そう思って根治を目指します。

術後2年11か月診察【2008-07】

術後3年弱(2年11か月)で検診に行ってきました~
その前に、2年半検診の話も書かなかったので…まとめて

●2年半検査(2年6か月)【2008-02】
□胸部CT、採血
→異常なし!


●3年検査(2年11か月)【2008-07】
□胸部レントゲン、採血
→異常なし!
→肺も綺麗。採血も完璧!何なら肝臓が良すぎて、??(私が忘れた)の値が低すぎ!

「それって、飲めってことですか??(笑)」と聞いて、その晩は梅酒を飲みました。
ブランデーで漬けた梅酒が美味しいのです♪


次回3年半検査【2009-01】
□胸部CT、頭部MRI、採血
「胸部・頭部CT」をお勧めされたのですが、放射線が気になったので頭部はMRIにしてもらいました。頭部に関してはMRIの方が、血管の中まで見れてよいそうです。
但し、検査時間や費用が掛かります。


この先生は、手術にサポートとして立ち会ってくれた先生で(当時専修医)、2年前から担当医なのですが、私が関西から札幌に引っ越した時に、札幌から関西(隣の市)に引っ越した事が、判明して親近感がさらに湧きました~~
他の健康相談もしたり出来まして、「聞きたい事があれば、いつでもお電話ください。」とおっしゃっていただき、3年後診察終了です。
昔から話しやすい先生でしたが、最近は頼りがいも出てきたようです~


今回はCTではなくレントゲンだったので、まあ見つからないだとうな~とのんびりしていたのですが、それでも診察前は心臓がバクバクだったので。。。
ホットしました。


---
ただいま夏休みの真っ盛りで、毎日てんやわんやです。
一昨日は、某テーマパーク、昨日はプールです。
算数と実験の大好きな息子。自由研究に付き合うのも大変ですが楽しいです♪(私も理系だし~)
一方で、国語系の宿題は全----くしません。
それは、母ぐったたり。彼は極端すぎる。

娘は着々と進めています。すばらしい☆


まだ、始まったばかりの夏やすみ!!
皆さまにも楽しい夏になりますように♪





肺がん ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村




お久しぶりです!

お久しぶりすぎる更新です。
息子の卒園で忙しいお役目をいただいて、必死になっているうちに更新が出来ず、
そうしていると、今更何を書けばいいのか。。
と更新できず。。

でも、更新を待つお声をいただいて、勇気をもらって久しぶりに書きます!
ありがとうございます。


手術時、小2だった娘は小5、年少だった息子は小1になりました。
2年半前に手術をしたとき、立てた目標が「みんなと一緒に卒園する!!」
無事にかないました☆☆☆

卒園式では、事情を知る園長先生と「無事卒園出来ました~」と強くハグしました♪
(園長先生は、タカラジェンヌ男役のような素敵な女性です)
幼稚園には本当にお世話になりました。
息子が私の術後、不安定になった時も、先生が寄り添ってくださいました。
これからはお返しする番だと、幼稚園のボランティアに登録してたまに行っています。

ところが、息子は小学校に行きたくなくて。
母は悩んで勉強して、頑張りました。
環境も改善して、いい感じになりました。
そんな息子が心配で、小学校のボランティアもしています。
色々ありますが、素敵な毎日です。



そして、病気をしたおかげで自分の中でぶれない軸が出来たような気がします。
「いつ何かあるかもしれないのだから、一番大事なのは今。」
未来のために頑張るのは大事な事。素敵な事。
でも、それは「今」が幸せでないと。
「頑張る事が楽しい。出来なかったことが出来るになるのがうれしい。だから頑張る。」
「こうなりたいから、頑張る。」
そうあれば、どんどん頑張ればいい。
子どもにはそう成長してほしい。

そうであれば、たとえ病気や天災で、夢がかなわなくなったとしても、
頑張った時間は無駄じゃないと思える。
継続は力だけど、方向転換する勇気も必要。
「今」を大切にしたい。

自分のせいではない部分で、願いが叶わないこともある。
でも、それも自分の人生。
しなやかな強さを自分も子供も持ちたい。

未来がどうでもいいのじゃなくて、『「今」の積み重ねが「未来」だから』。
幸せな未来のために、今の幸せを大切に☆


皆さまも幸せな毎日をお過ごしください♪




肺がん ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村


年末に思うのは、

本当にご無沙汰をしております。。
コメントのチェックはしているのですが、一度記事が途切れると難しい。。


12月は、従妹の結婚式で名古屋に行って。(子供はリングベアラー。名古屋最高!)
幼稚園のクリスマス会の幹事をして。(当日は牛の着ぐるみで頑張りました!)
(仏教幼稚園なのでクリスマス会がなく、母たちが主催する)
小学校のPTAがの仕事もあり、卒園対策が動いていて。。
娘の進路で悩んだり。
餅つき大会で餅をついた。
ドッチボールとテニスもした。
そうそう、サンタの正体がバレそうになった。
先週からは、冬休みの子どもに一日中振り回されて。
悩んで、怒って、笑って。
毎日、これでもかって位「てんやわんや」です。


でも、この慌ただしい毎日こそがかけがえのない日常。
あの時、見つけてもらっていなかったら、、、手術をうけていなかったら、、、
今頃、手からこぼれ落ちていたかもしれない日常です。


不安はないといったら嘘になる。でも、きっと大丈夫。覚悟もしつつ、そう思える。
肺がんになったから、今の私がある。
気づけた事がある。知らなかった世界を知った。
ブログでも、病気関係でも、かけがえのない出会いがあった。
肺がん患者であることに胸を張ろう。



日常を完全に取り戻した一年でした。
そして、新しいことも出来た一年でした。
一度ですが、肺がん患者として講演もさせて頂き、とても貴重な経験も出来ました。
自分にも何か出来る。したい。
まずはこの日常が大切なので、無理のない範囲で何か少しずつ出来たらいいな。


お仲間に。
友人に。
家族に。
医療者に。

全てに感謝です。本当にありがとうございます。
更新の少ないブログですが、見てくださってコメントをいただいて、本当に感謝しております。


本当に素敵な一年でした!!
私にも、皆さまも、笑顔で過ごす素敵な一年になりますように☆

☆omake☆

爽快な気分で過ごせますように。凧のように心軽く!
BlogPaint











肺がん ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村

肺がん学会

10月中旬にパシフィコ横浜で行われた「肺がん学会」にちょこっと行ってきました。
「患者家族向け」に参加したかったのですが、主人の仕事の都合が分からなくてモタモタしていたら満席で。。。
すごい人気だったんですね。来年は早めに申し込もう。
で、予約のいらない「市民公開講座」でお話しを伺ってきました。
有名な先生方のお話しを伺うことがで来てとても為になりました。


今年は「日本肺がん学会」に続いて「世界肺がん学会」も開催という事で、5日連続ですごい人。
立派な大きな会場でした。
大学時代は小さな小さな学会しか知らない私は、規模に正直ビビりました。
医師も何千人も参加されているそうです。
「肺がん」にこれだけの医療者他が立ち向かっているのかと思うとこみ上げるものがあります。

テーマは
「Synergy  to Conquer Lung Cancer 」(力を結集して肺癌を撲滅しよう)
うん。Conquerできそうだ!!

研究発表を一般人が伺うことはできませんが、Abstractを読むことはできました。
世界肺がん学会はGoogleちゃんの和訳機能に頼って一部読んでみました。

もちろん、すばらしい研究発表があるのですが、そこははっきり言ってさっぱりわからないで飛ばして(笑)
私が興味をひかれたのは、コミュニケーションだったり、死生観だったり。患者には痛いけど重要な医療費の話であったり。
「治すこと」だけでなく、患者の精神的負担を減らしたり寄り添う研究がされているのは、本当に頼もしい。うれしい。
なんだろう、私も微力ながら何かしたい欲求すら覚えました。



前主治医から「狭い世界なので、今後も学会等でお会いするかもしれませんね。」と言われて診察が終わりましたがさすがに無理でした。
でも、癌サポートなどで見たことのある先生はお見掛けしました~
サインもらえばよかった?(笑)

市民公開講座の内容は、タバコの話でした。
とても、とてもいい話でした
でも、長くなるのでまた次回。




肺がん ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 肺腺がんへ
にほんブログ村

2年診察【20170908】

こんにちは☆
前回MRIを撮った話でしたが、その後9月8日に診察に行ってきました~
またまた担当医が変わりましたが、入院中最もお世話になった若いI先生♪
「お久しぶりです!」って挨拶したら、「覚えてくれてました?ありがとうございます♪」って。
この先生イケメンではないけど(失礼)、入院中から話しやすい先生だから好き。


【胸部レントゲン】
・異常なし!
・「若いから伸びがすごい!」
入院中から今まで撮ってませんでした。
【H先生】
下葉を切っているから3分の一は小さくなっているはずなのに、左と殆ど変わらない。
若いから、本当によく上葉と中葉が伸びたんですね。
入院中でも十分伸びていましたが、そこからさらに伸びている(肋骨1本分)。
凄い。

結構生き苦しい日もありますが、伸びは順調のようです。
伸びた分、隙間は開いているのかもしれませんしね~


【MRI】
・異常なし
・その他、転移ではない脳腫瘍などないです。
・蓄膿っぽいですよ。
・「若いから」脳も縮んでいません(私が年取ると縮むんですよね?と伺ったら)
脳転移に比べたら蓄膿なんで「へ」でもない。
小さいころから鼻はよく詰まるのだ。そのうち耳鼻科いくか。


【その他】
・あのサイズで見つかって本当によかったですね~(入院中もよくおっしゃってた)
・まさにGod's Eye ですよね。流石なだな~(見つけたのは病院でも有名な先生)
・「若い」「お元気ですね」を連発
先生も「また若いって言っちゃいましたけど」っていうくらい(笑)
しかし、今回の先生は入院中は専修医だったという超若い先生なのだ。
「肺がん患者」が母数だからなんだろうけど、変な感じだ~
・ある学会の動画に出演されていたのを発見したことを伝えたら、めっちゃ照れてた。
若い先生だと、子供みたいに思ってしまうおばちゃんだ(笑)
・何かあれば、いつでも電話くださいね!
このセリフ、実はこれまでの先生には言われたことなかったです。
2年たてば、もう連絡したいと思う事ないですけど、すごくうれしいセリフですね。


お若い分、若い患者の経験は少ないのでしょう。
お年を召した方(それが肺がんの標準)と比べて、びっくりされたのでしょうか。


アクセスカウンター